Shin Yamagata

お知らせ  zine  Twitter


 


11月6日
新しいトラックが発売前に展示されるとして、「トラックに内在する走行性や積載性に着目し、これからの時代に物流や貨物自動車としてトラックが果たす可能性を見つめます」と書かれていたとする。トラックという言葉を写真に入れ替え、走行性や積載性を記録性や記憶性に入れ替えればどうだろうか。そのような文章が載った写真展の案内が届いた。企画展だろうか。記載された文章を読んだところでこの展示が何を目指しているのかはいまいちわからない。走行性や積載性という言葉はそれぞれ何を指すか明確だし違いもはっきりとしている。しかし記録性と記憶性はどうか。こういう文章をよく見かける。記載された文章が誰によって書かれたものなのかもわからない。無記名。無責任ということか。