Shin Yamagata

お知らせ  zine  Twitter   Instagram


 

小説の中のカメラマン




以下引用です。
・・・夢はぼく自身が意識していくらがんばっても制御できないところで、勝手に動いているものじゃないか。
「写真みたいね」ひろ子が言った。
「外で写すと思いもしないものが写っちゃってて、足をひっぱるの」
 そんなことよくあるじゃないか、それと夢は違うんじゃないかとぼくが言うと、素人写真と一緒にしないでとひろ子は言った。
「プロはフレームの中にあるものぐらい全部意識できるの。
---でも、そういう意識をかいくぐって写っちゃうんだなァ」
「夏の終わりの林の中」 保坂和志