Shin Yamagata

お知らせ  zine  Twitter


 


3月4日
夜になっても気温が高い。オスとメスが重なったヒキガエルがたくさん歩いている。卵がたっぷりと入ったメスの腹は円盤のように丸くなり、オスはあちこちで小さな声をあげている。塩ビの筒が地面に突き刺さって小さな井戸のようになっているところからも鳴き声が聞こえてくる。直径20センチ、深さ40センチくらだろうか。ライトで照らし覗き込むとヒキガエルがたくさん落ちて出られなくなっている。手を突っ込んでヒキガエルを出す。すでに重なっているものもいる。全部で9匹。一番下にいたヒキガエルはやせ細っていて骨格がむき出しになっていた。いつからここに落ちていたのかはわからない。けどなんとか生きていた。池の近くの枯葉の上まで移動させると、数歩歩いて落ち葉の下にもぐろうとした。もぐりきらない状態で動かなくなっヒキガエルの背中に落ち葉をかけた。このまま落ち葉の下で死ぬのかもしれない。